胸の悩みを解消する|豊胸手術でメリハリ美ボディ

シリコンバッグと脂肪注入

バストを計る女の人

マッサージをすること

シリコンバッグを入れる豊胸手術はアフターケアがとても大事です。シリコンは体にとって異物なので、最初は異物を受けつけずに膜ができて固くなります。固くなったまま放置するとしこりになってしまうので、抜糸をした後はマッサージをしてほぐす必要があります。マッサージは必ず毎日、最低でも一ヵ月は続けると、バストとシリコンバッグがなじみ、触感も形も自然になっていきます。脂肪注入法の豊胸手術の場合も、抜糸後のマッサージが重要です。マッサージを怠ってしまうと脂肪が石灰化して固くなってしまうリスクがあります。また、激しい運動をすると患部の腫れが長引くので、手術をしたあと最低でも2週間はスポーツを控えることが大切です。

それぞれの特徴

シリコンバッグ挿入法による豊胸手術は、一度の手術で大きくバストアップできます。一度でAカップ→Dカップなど、2カップ以上のサイズアップができるのはシリコンバッグ挿入法だけです。しかも、シリコンバッグが入っている限りはその効果が一生続きます。自分の余った皮下脂肪を吸引し、それを豊胸手術に再利用することもできます。コンデンスリッチ脂肪注入は、吸引した脂肪を遠心分離器にかけて不要物を取り除いて凝縮してから注入します。そうすると脂肪の生着率が上がり、石灰化のリスクも少なくなります。バストに入れるだけの皮下脂肪がないとだめなので痩せている人はできませんが、下半身太りなどで悩んでいる人にとっては一石二鳥です。